検索
  • あしゅラ事務局長

菜の花の沖の観光〜高田屋嘉兵衛のふるさとを訪ねて〜

更新日:2021年1月20日

いよいよ3週間を切りました。


船旅の企画書とコロナ対策です。


1、目的 


 港町、高砂を活性化するため、高砂港から観光船に乗り、松右衛門とかかわり深い高田屋嘉兵衛のふるさとを訪ねる。(北前船船主高田屋嘉兵衛の故郷、洲本市五色町と同工楽松右衛門の故郷、高砂町との連携を図る。)


2、日時  令和2年9月5日(土)(予備日、12日、19日も検討)


3、行先  菜の花ホール(高田屋顕彰館、文化歴史資料館) 洲本市五色町


4、交通手段  高福ライナー  浜千鳥マイクロバス


5、日程          

9時30分  南材木町波止場集合  (人数点検、健康チェック)


9時45分  南材木町波止場出航 

   船内で、松右衛門の造った波戸道、一文字堤、東風請、工楽新田の説明あり


10時45分 都志港着  移動マイクロバス(29人乗り)2台


11時00分 松右衛門と嘉兵衛の町の交流会 会場  浜千鳥(公共の宿)研修室


   ① 講話「高田屋嘉兵衛翁顕彰活動について」講師 学芸専門員

   ② 講話「工楽松右衛門について」     講師 工楽松右衛門子孫

③ 交流会

 

12時15分   昼食 浜千鳥(公共の宿)多目的ホール


13時00分 石棺見学

       

13時40分   菜の花ホール見学

14時20分   伊弉諾(いざなぎ)神宮参拝…夫婦円満、国生み神話 マイクロバス


16時20分  駐車場集合、移動マイクロバス2台


16時35分 都志港発


17時35分 南材木町波止場着  解散



6、費用  一人8,000円(乗船代、昼食等)…GoToトラベルの利用で35%引き

            

7、主催  高砂港発の観光船航路を実現する会


8、協力  (一財)五色ふるさと振興公社 高田屋嘉兵衛翁顕彰会(有)高福ライナー 

      委託、大西洋ツーリスト


9、参加加人数 29名+添乗員1名


10、当日まで


7月  観光船許可申請  

(有)高福ライナー、大西洋ツーリスト、顕彰会、学芸専門員との打合せ 

参加の呼びかけ   7/20淡路下見  7/29幹事会


8月  8/13幹事会  

8/15〜 参加者へ詳細計画配布(コロナ対策、駐車場案内、本会企画書)  

8/31 18時幹事会

9月  9/3最終判断 参加者へ連絡  9/1〜4 旅費8,000円徴収、領収書   9/5当日




今、1番大切なコロナ対策です。

当会では、次のようなコロナ対策をとっています。



コロナ対策


1、集合の船着き場では、非接触型体温計での検温と一人ずつの問診は添乗員が行います。


2、マスク必携でお願いします。


3、手指消毒、救急箱は船会社、菜の花ホールで、準備されています。(1時間ぐらいの船旅になります。酔いそうな方は、各自、酔い止めを飲んでおいてください。)


4、都志港からウエルネス五色駐車場までのマイクロバスは、10分ほどですが、窓を開け、換気をよくします。

浜千鳥(交流会、食事会場)が、マイクロバス(29人乗り)2台で送迎してくれます。


5、乗船時、浜千鳥(交流会会場)、菜の花ホールでは、消毒液で、手洗い消毒をお願いします。


6、交流会、食事の席は、間隔をあけています。

交流会の時は、マスク着用で、発言お願いします。


7、伊弉諾神宮へのマイクロバスは2台で1台、10数人です。


8、旅行中の保険は入っています。(けが等)


9、実施、延期、中止は、9月3日中に、電話連絡します。

  台風、強風で延期は、9/12、9/21まで。


★ 暑さ対策のお茶、飲料水等は各自でご用意ください。






思い出に残る船旅を


高砂港発の観光船航路を実現する会




高福ライナ―の観光船 この船かな?




 





閲覧数:43回0件のコメント