検索
  • あしゅラ事務局長

船旅「嘉兵衛のふるさとを訪ねて」大感動!

9月5日(土)高砂発の観光船に乗り、高田屋嘉兵衛のふるさと、洲本市の五色町を訪れました。


台風9号と10号の合間をぬって、奇跡的な青空と静かな波、まったくの旅行日和でした。


都志の港に着くと、高田屋嘉兵衛翁顕彰会の皆様が横断幕で、大歓迎してくれました。


すぐに、交流会の開催。


昼食会、竜山石(高砂の産地)で作られた石棺見学、高田屋顕彰館、歴史文化資料館(菜の花ホール)の見学、伊弉諾神宮の参拝とあっという間の一日でした。


1番に感じたのは、顕彰会会長はじめ皆様の温かい心遣いです。


また顕彰館展示の充実ぶりには、改めて驚きました。


40分程度の見学でしたが、ゆっくり2時間は見学できます。


伊弉諾神宮の参拝、時がゆっくり流れました。冷厳厳か、心が引き締まるよう時間でした。


宮司さんのお話、詔、しちりきの笛、たいこの演奏、巫女さんの鈴をもっての舞などを楽しみました。


工楽会会長、工楽さん、私の3人で玉串の奉納をさせて頂きました。


本殿参拝、大感激です。




ただ1つ残念だったのは、交流会が、時間の関係で、活発な意見交換の場が持てなかった点です。


顕彰活動の広がりの秘密をもっと知りたかったです。



高砂港発の船旅、本当に貴重な体験ができました。




6日の神戸新聞の記事です。(淡路の記者が取材されました)












閲覧数:24回0件のコメント