検索
  • あしゅラ事務局長

工楽松右衛門の湊づくり〜ヨットに乗って〜

更新日:2020年7月25日

今日、高砂海文化21主催のヨット体験に参加しました。私の目的は、初代松右衛門の仕事を海から眺めることです。



出発前 4艘のヨットで 高砂町堀川






いよいよ出発



堀川から高砂川へ  後ろの森が高砂神社




この扉付近に川口番所 初代松右衛門の頃は、この先は海でした(東宮町太鼓倉付近)









波戸道が続いています  この波戸道を松右衛門が造った 幅が、広く家も並んでいた

高砂大橋が見えます


波戸道が続く  大型タンカーが停泊



波戸道の南端 砂利置き場



波戸道の南端




多分、明治、大正期の向島 下の写真、中央は波戸道の南端


東側は、向島



松右衛門の造った東風請 中央に松右衛門祠 昔は波戸道の南端にあった


松右衛門が造った一文字(石垣づくり)

高砂港の出口 コンクリート造りは近代のもの



7月23日9時30分出航、40分ばかりの船旅でした

曇り空で、海の風が心地よかったです

高砂西港を回って、帰ってきました



閲覧数:34回0件のコメント